わたしたちのブランド
ホーム | わたしたちのブランド | 生産者から探す
熊本とっぺん野菜
生産者番号
生産者から探す作物名から探す


生産者から探す

栽培責任者:奥村順司
確認責任者:松原豪
住所:熊本市西区田崎町484
連絡先:096-323-2511



浅野 保  ( k-115 )
熊本県 熊本市 中島町1726
浅野 保
トマト(k-115A, k-115B) 
食べてくれるお客様のことを第一に考えて、丹精込めておいしいトマトを作っています。
浅野 祐史  ( k-111 )
熊本県 熊本市 中島町1726
浅野 祐史
ピーマン(k-111A) 
お子さんが喜んで食べてくれるピーマンづくりが、僕の信条です。祖父から受け継いだ最高の土。苦みを感じません。
有田 義博  ( k-120 )
熊本県 上益城郡 益城町惣領
有田 義博
ミニトマト(k-120A) 
常に食べる人の気持ちになってつくります。安全・安心・美味しいの“旨みをギュッ”と詰め込んで、あなたの食卓にお届けします。一度といわず、二度・三度!
 
石貫 康典  ( k-102 )
熊本県 玉名郡 横島町横島7752
石貫 康典
トマト(k-102A) 
量より質!旨いトマトづくりにこだわり続けて20余年。有機100%の自家配合肥料で作り上げました。トマトでしたら、「石貫のトマト」とご指名ください。
和泉 啓一  ( k-121 )
熊本県 上益城郡 益城町福富
和泉 啓一
ミニトマト(k-121A, k-121B) 
永年培った土壌を信じ、元肥一本有機質「泉の力」で育てました。自信作のミニトマトです 。きっと気に入っていただけるはずです。ぜひ、食べてください。
稲田 哲也  ( k-113 )
熊本県 八代市 郡築
稲田 哲也
レタス(k-113A) キャベツ(k-113A) ブロッコリ(k-113C) 
きょうも地平線に沈む太陽に感謝しながら・・・。八代海に拓けた、ここ郡築の地。ことしも元気で美味しいレタスが育ちました。
 
岩下 道幸  ( k-130 )
熊本県 阿蘇郡 阿蘇市波野新波野
岩下 道幸
キャベツ(k-130A) 
私の熱意と努力を認めてもらい「お野菜百科」の仲間入りをしました。伝統ある夜神楽波野の大自然を活かし、永年の土づくりでシャキッとした味に育てました。
上田 和浩  ( k-122 )
熊本県 上益城郡 益城町惣領
上田 和浩
ミニトマト(k-122A) 
ミニトマトを作りはじめて7年。試行錯誤を繰り返し、厳選された有機質肥料と
上田 ちか子  ( K-117 )
熊本県 上益城郡 山都町城平1961
上田 ちか子
ピーマン(K-117A) 
お野菜百科の善し悪しは、トマトで決まる。との思いで、シーズンオフは土づくりに全力を注ぎました。有機質豊富な土が育む最高のトマトです。期待してお買い求めいただければ幸です。
 
上田 博茂  ( k-104 )
熊本県 上益城郡 山都町城平1971
上田 博茂
トマトk-104A) 
味覚が純粋な子供達にも好かれる、“くだもの”のようなトマト。これが私達「そよ風農園」が目指すトマトです。その為に、刈干し4トン、米ヌカ堆肥4トン、油粕300キロなどふんだんに使っています。今日はあなたも天使になった気分で、どうぞ召し上がれ。
上野 清耕  ( k-112 )
熊本県 熊本市 今町160
上野 清耕
ミズナk-112F) コマツナ(k-112B) 
葉菜類を作りつづけて40年。納得のいかないミズナは出荷しません。これからも、我が家自慢の美味しいミズナを心をこめてつくります。
牛嶋 清一  ( k-105 )
熊本県 上益城郡 御船町上野6569
牛嶋 清一
ナス(肥後紫)k-105A) 
熊本長ナス。熊本赤ナスともいわれます。県の重要文化財“八勢の石橋”の上流奥深く人里はなれた自然環境のなかで育てています。赤ナスを作りつづけて20年、牛嶋の赤ナスとご指名ください。ありがとうございます。
 
内村 恵一  ( k-129 )
熊本県 上益城郡 御船町田代
内村 恵一
深ネギ(k-129A) 
私のネギ畑は御船吉無田高原のど真中にあります。4月まで霜に耐え、5・6月高原の涼風を受けて深ネギが生長しネギ特有の軟白部の軟らかさは抜群です。“大自然の高原野菜を食卓に”
衛藤 庸輔  ( k-124 )
熊本県 阿蘇郡 南阿蘇村一関2298
衛藤 庸輔
ホウレンソウ(k-124A) 
ハウス栽培ですから、より安全で美味しいホウレンソウです。健康第一・・・私たち夫婦も120歳を超えました。いつもお客様の健康を考えて栽培に取り組んでいます。ご安心ください。
大津 栄視  ( k-106 )
熊本県 阿蘇郡 南阿蘇村両併281
大津 栄視
コマツナ(k-106A) 
病虫害の発生が、極めて少なく、昼夜の気温の較差が大きく、より安全で充実したコマツナが生産できます。夏場(6月中旬から10月いっぱい)だけの生産を担当します。コマツナも南阿蘇産とご指名いただければしあわせです。
 



▲このページのトップへ