わたしたちのブランド
ホーム | わたしたちのブランド | 栽培履歴
熊本とっぺん野菜
生産者番号
生産者から探す作物名から探す


栽培履歴

栽培責任者:奥村順司
確認責任者:松原豪
住所:熊本市西区田崎町484
連絡先:096-323-2511


生産者 興梠 実 作物名 深ネギ
生産者番号 k-205 圃場番号 k-205A


スケジュール ○…播種 △…仮殖 ●…定植 ■…収穫

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得




化学合成資材の使用状況
熊本県の「特別栽培深ネギ」に係る慣行レベルは、化学合成農薬の使用回数15回、化学肥料の施肥量(窒素成分量)は24kgです。
私が育てた深ネギの合成資材の使用状況は下記の表のとおりで、収穫、出荷できることになりました。
ぜひとも「熊本とっぺん野菜:元気野菜からパワーをいただいてください」
深ネギさんありがとう 合掌



平成29年10月6日 現在

使用資材名

用途 回数・量
ダイアジノン粒剤 殺虫 1回
マンゼブ水和剤 殺菌 1回
MEP乳剤 殺虫 1回
アゾキシストロビン水和剤 殺菌 1回
フルフェノクスロン乳剤 殺虫 1回
ニテンピラム水溶剤 殺虫 1回
有機配合肥料 元肥 0kg/10a(チッソ成分)
化成肥料 元肥 2.8kg/10a(チッソ成分)
化成肥料 追肥 7.4kg/10a(チッソ成分)


| 戻る |

▲このページのトップへ